保湿・抗シワ効果のあるホエイ

カテゴリー:大学教授に学ぶ正しい化粧品の知識

2020年4月15日


保湿・抗シワ効果のあるホエイ

今回は、保湿・抗シワ効果のあるホエイについてお伝えします。

 

 

ホエイ(乳清)とは生乳または脱脂粉乳水溶液から

得られる乳酸発酵液より不溶物を除去したものです。

 

 

分かりやすく言うと、ヨーグルトを食べるときに、

上に浮かんでいる上ずみ液をホエイといいます。

 

 

ホエイは、乳酸発酵液から乳タンパク質の

主成分であるカゼインを除いたものです。

 

 

約1%のタンパク質 (ラクトアルブミン、ラクトグロブリン、ラクトフェリン) 、

ラクトース、水溶性ビタミン、カルシウムやナトリウムなどのミネラルを含んでいます。

 

 

経口摂取では、乳清タンパク質は筋力トレーニングとの

併用で筋力の向上に有効性が示唆されています。

 

 

また、ホエイに含まれる乳清タンパク質には、抗炎症作用があり、

皮膚に対しては肌あれを抑えてくれる効果もあります。

 

 

さらに、ホエイに含まれるα-ヒドロキシ酸は、

角質のターンオーバーを促進する作用があり、ニキビやくすみを改善してくれます。

 

 

最近の研究では、ホエイが真皮の線維芽細胞に働きかけ、

コラーゲンとの相互作用を強めシワやたるみを改善する効果が注目されています。

 

 

ホエイの活性成分のひとつであるラクトフェリンには

真皮を構成する線維芽細胞や表皮を構成する角化細胞の細胞遊走を

促進する作用や線維芽細胞によるコラーゲンや

ヒアルロン酸の産生を促進する作用があります。

 

 

皮膚疾患モデルマウスにラクトフェリンを局所投与すると、

創傷の治癒が促進され褥瘡(床ずれ)が予防されるとの報告もあります。

 

 

ラクトフェリンには抗酸化作用もあります。

これは、ラクトフェリンが生体内で過剰になった遊離の鉄を取り除くことで、

ヒドロキシラジカルの生成を抑制すると考えられています。

 

 

ラクトフェリンを経口あるいは腹腔内に投与したマウスにX線を全身照射すると、

ラクトフェリンを投与しないマウスと比較して生存率が上昇することも報告されています。

 

 

これもラクトフェリンが鉄を取り除き、ラジカルの生成を抑制したためと考えられています。

 

 

記事


前田 憲寿 先生
医学博士
東京工科大学 教授
日本スキンケア協会 顧問

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/

JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA instagram
https://www.instagram.com/skincarekyokai/

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai