紫外線(UVA/UVB)の肌への影響について

カテゴリー:スキンケアの基礎知識,美容コラム

2020年4月22日


紫外線(UVA/UVB)の肌への影響について

 

今回は、紫外線についてお伝えいたします。

 

 

現在は、なかなか外出ができないときですが、

これからの季節は、日差しも強くなり、日焼けが気になる時期になってきます。

 

 

紫外線ケアについて考えていますか?

1年のうちで紫外線が強い時期というのは5月~8月です。

 

 

これからの時期になります。

逆に紫外線が少ないのは12月~2月の間です。

 

 

時間帯でみると、10時~13時の間が最も強くなります。

そして、肌に影響を与える紫外線は2種類存在します。

 

 

一つ目は、UVAについてです。

 

 

UVAは肌の表皮の基底層から真皮まで届き、

シミの原因であるメラノサイトの働きを活性化させます。

 

 

そのため周囲の肌細胞に多量のメラニンが送り込まれ、皮膚が黒くなるのです。

また細胞にダメージを与えるので、皮膚の老化を早めてしまいます。

 

 

紫外線カット剤にはUVAをカットする表記としてPAとあります。

PA+、++、などと表記されていますが、

+が多いほどUVAをカットできるということです。

 

 

もう一つはUVBです。

 

 

UVBは主に表皮に影響し、メラノサイトに大きな影響を与えます。

UVAに比べ刺激が強いので、長い時間浴びていると、

水泡や軽い火傷が生じることがあります。

 

 

よく海水浴などにいくと肌が真っ赤になって

ひりひりしたりするのはUVBの仕業です。

 

 

UVBを過度に浴びてしまうと、肌細胞のDNAに損傷を与えてしまい、

皮膚がんにつながる可能性もあるのです。

 

 

みなさん、紫外線は過度に浴びないように気を付けましょう。

そのためにしっかりと紫外線対策をしましょう。

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/

JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA instagram
https://www.instagram.com/skincarekyokai/

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai