睡眠前におすすめのハーブ

カテゴリー:美容コラム

2021年11月8日


こんにちは。

寒い日も増え、あたたかいお茶の季節になりましたね。

今回はハーブティーについてのお話です。

 

寝る前にハーブティーを飲むことは良質な睡眠につながります。

入眠時、副交感神経が優位な状態だと寝付きがよくなりますが、

寝付きの悪い人は交感神経が優位となり

脳が興奮状態になっていることがあります。

 

 

 

 

ハーブティーは脳の興奮状態を抑え、

副交感神経の働きをよくすることが知られています。

また、ハーブティーの香り成分には気持ちを落ち着かせる効果もあり、

ノンカフェインなので寝る前には最適です。

 

オススメのハーブは「カモミール」。

カモミールには静穏作用と睡眠誘導作用があり、

気分がいらだったとき体に冷えや疲れを感じたときに、

じんわり作用してくれます。

 

古くからヨーロッパでは、不眠症や神経痛の治療に使われていたようです。

「ラベンダー」も精神安定作用があり、ストレスや不安緩和に効果的です。

 

 

 

 

あわせて鎮静効果の高いラベンダーやオレンジスイートなどの

アロマを焚いて香りで睡眠の環境を整えるのもよいでしょう。

 

睡眠前にオススメのハーブ

・ラベンダー
精神安定効果のある睡眠前に定番のハーブ

・カモミール
古くから不眠症によいとされてきた、リラックス効果の高いハーブ

・キャットニップ
眠気を誘発する作用があり、睡眠導入に◎

・リンデンフラワー
神経の興奮状態を抑え、不眠症に効果があるとされる。

・オレンジピール
鎮静作用に優れていてリラックス効果が高い。整腸作用もある。

・オートストロー
神経強壮の効果があり、仕事やプライベートでストレスを抱えている人に◎

・クランベリー
眼精疲労の回復に効果があるので、
パソコンを長時間使うような仕事をされている方にオススメ。

・ジャスミン
血行促進、シミ、くすみに効果的。リラックス効果もある。

・ハイビスカス、ローズヒップ、ラズベリー
ビタミンCたっぷりのハーブ。シミ、シワ、くすみに効果が高いので、美容目的の人に◎

・杜仲(とちゅう)
肝機能を高める効果があるので、疲れが気になるときにオススメ。
解毒作用もあり、むくみ緩和にも◎

 

参考:「なぜ、一流の男は肌を整えるのか?」
小野浩二:著

 

 

 

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/


JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA Instagram
https://www.instagram.com/skincarekyokai/

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai

公式LINEアカウント
https://lin.ee/f1H1f7N