フェイスパックの種類と効果

カテゴリー:スキンケアの基礎知識,美容コラム

2021年7月8日


こんにちは!

みなさんも一度はフェイスパックを使用されたことがあるのではないでしょうか?

フェイスパックにも様々な種類があり、それぞれの特徴があります。

今回はパックの種類と特徴をご説明します。

 

パック剤(マスク剤)は目的の部位の肌の表面を覆って効果を得るもので、

下記の効果が得られます。

 

パック剤の効果

1.保湿
製品の保湿・エモリエント成分に加え、顔や肌の上での閉塞効果(オクルージョン効果)により、水分の蒸発を防ぎ、保湿する。

2. 洗浄
クレイなどの吸着成分使用することで、皮膚表面の古い角質や汚れを取り除き、皮膚を洗浄する。

3.血行促進
一時的な閉塞により、肌を柔軟にし、皮膚の血行を良くする。

 

パック剤の種類

①ピールオフタイプ(固まらせて剥がすタイプ)

【ゼリー状】
→主に保湿目的で行うことが多く、固まると透明~半透明になる。

【ペースト状】
→クリームタイプで固まると不透明な色のものが多い。洗浄目的や、保湿目的のものが多い。

【粉末状】
→水やぬるま湯で粉末を溶かし塗布するもので、使用後はさっぱりするものが多い。

 

② 拭き取り、洗い流しタイプ(ウォッシュタイプ)

【クリーム状】
→浸透性の高い保湿剤を使用し、しっとりさせる目的のものが多い。

 

③固化後剥離タイプ

【泥状】
→粘土鉱物などで汚れを吸着させる目的のものが多い。

【ゼリー状】
→保湿目的で、肌への負担が軽いものが多い。

【泡状】
→ 軽い感触だが、泡が液化して垂れたり、
泡が気化したりすることが刺激になることもある。
酵素などが含まれているものもある。

【粉末状】
→ 石膏パックともいい、焼石膏を主成分とするもので、エステサロンでの使用が多い。

 

④貼布タイプ

【不織布ゲル】
→ ジェル(ゲル)を含ませた厚みのあるパックシートで手軽に使用できる。
【不織布含浸タイプ】
→ 顔型の厚めのコットンに化粧水やエッセンスを含ませたもの。ローションパックなどもこのタイプに含まれる。
自分の目的に合ったものを使用しましょう♬

引用:「しっかり学べるスキンケア教本」
一般社団法人日本スキンケア協会
スキンケアアドバイザー資格公式テキスト

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/

JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA Instagram
https://www.instagram.com/skincarekyokai/

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai

公式LINEアカウント
https://lin.ee/f1H1f7N