美容&スキンケア情報「スキンケアを始めるまえに」

 

今回のコラムは、スキンケアをする際に、知っておくといい皮膚について記載いたします。

皮膚において、ケアした内容が必ずしも正解とならず、
想定していた結果が100%となりにくいことが分かっています。

これは、皮膚が生体組織の中でも、特殊であらゆるものの関与で成り立っている臓器だからです。

皮膚は人体の最外層を覆う大切な臓器で、
人間の体重の6~7%の重量を持ち、1.6m²の面積を有する人体最大の臓器です。
皮膚は外界からの異物、刺激に対しての防御となり、また汗、
皮脂などを分泌する機能や感覚受容も持ち、人体の恒常性を保っています。

それらの働きが悪くなると、時には病気となり、時には美容上の問題となります。
またその状態は、血流代謝・ホルモンの関与から、食生活・睡眠時間・
ストレス(メンタルや疲れからくる)など、全身の影響を反映します。

このように今ある皮膚状態は、いろいろなものが関わってできているので、
難しく、数日、数週間のケアだけではすぐに改善しないこともあります。

そしてそのような皮膚の難しさの上に、正しいケアができているかどうかが、
さらなる重要ポイントとなります。

最近では雑誌、さらにはインターネットの普及により、様々な美容法が紹介されています。
また美容医療の機器や、方法・知識も日々進歩をしており、これも数多く存在します。

ではすべてが正しいのか?というと、それは違います。
本当に間違ったものもあれば、一部の方にとっては有効性のあるもの、
方法を正しく行えば有効性のあるものなど、これもまた様々です。

洗顔、クレンジング一つとっても、その方法が良い皮膚をつくることもあれば、
皮膚の劣化を進めることもあります。その判断に必要なことが、
『現在の自分の皮膚、肌状態を知る』ということです。
これが、とても大切なのです。

美容において、すべてはここから始まるのではないでしょうか。
例えば、本当に脂性肌なのか?乾燥肌はないのか?という一般的な悩みです。
よくある話で、脂性肌と思い、そのケアをして余計症状が悪化する。実は乾燥肌がベースにあったという場合もあります。
自分の皮膚、肌状態をしっかり把握しなければ、いくら質のよいケアをしてもよい化粧品を使っても、
改善は難しいということです。その判断は自分だけで行わず、専門家に見てもらうことでより確実となります。

ますは、自分の皮膚そのもの、身体の状態をよく知り、生活のリズムなども把握してください。

 

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/

JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai