『秋』・『冬』に起こる肌トラブルとは?

カテゴリー:お肌のトラブルケア

2022年9月16日


秋に近づき、食欲の秋・スポーツの秋・読書の秋と楽しいことばかりな秋ですが、秋・冬になるにつれてスキンケアで注意をしておかないといけないことは何か知っていますか?⁡

 

秋のスキンケア

秋は比較的お肌にとってはよい季節といわれます。

繁外線の量も徐々に少なくなり、肌トラブルも減ってくる時期です。

だからといってスキンケアの手を抜いてはいけません。

紫外線対策はもちろん、肌を清潔に保つために、しっかりと丁寧にクレンジング、洗顔を行い、毎日充分な保湿ケアを行いましょう。

 

また、抜け毛が増えるという方が結構いらっしゃいます。

夏は日焼けを予防するために、顔には日焼け止めをしっかり塗りますが、頭皮の紫外線対策をする人は少ないのです。

夏の紫外線を受けた頭皮は思った以上にダメージを受けています。

ですので、頭皮用の美容液などを使用し、乾燥を防ぐようにしましょう。

 

秋口に抜け毛が多くなるのは、一時的なものが多く、ほとんどの場合は徐々に抜け毛が少なくなってきますので、あまり心配することはありません。

ただし、頭皮に紫外線を受け続けるとダメージを受けますので薄毛になることもあります。

やはり、頭皮もしっかりと紫外線ケアをしましょう。

 

 

 

 

冬のスキンケア

冬になると、気温が下がり、乾燥します。

寒くなるとお肌の働きが弱まり、皮脂分泌量の低下が起こって自然と乾燥肌になってしまいます。

肌の働きの低下は、ターンオーバーの遅延を招きます。

すると角質層が厚くなり、さらに乾燥肌を助長することになります。

 

また、肌が乾燥し、カサつき、小ジワなどの悩みが増えてきます。

 

したがって冬のお肌のお手入れは、角質ケアが必要です。

AHAなどが含まれる化粧品を使用し、余分な角質のケアをしましょう。

 

また、乾燥対策として充分な保湿を行うことです。

寒さで血行不良を起こしている場合も多いので、マッサージなどをして血行を促進し、お肌の代謝を上げましよう。

 

 

参考:「24時間美肌生活」

 

 


記事

小野 浩二(おの こうじ)先生

エステティックコンテスト全国大会1位

一般社団法人日本スキンケア協会 代表理事

日本ダイエット健康協会 理事

日本エステティック業協会(AEA)認定講師

大手エステティックサロンにて、技術、売上げ、カウンセリング入会率No.1になった経験を持ち本店店長を歴任。わずか2年でエリアマネージャーとなる。その後、大学院に進学しダイエットや生活習慣病などの研究を行い、修士号を取得。2008年エステティックコンテスト全国大会で「優勝」。フェイシャル、ボディのテクニックが評価され日本一のエステティシャンとなり、メディア等で「エステ王子」として話題となる。現在はサロンでの現場経験を活かし、人材教育に力を入れる。また、医師、大学教授、厚生労働省研究班とともに研究事業にも積極的に取り組んでおり「正しいスキンケア」や「正しいエステ」の普及を行っている。テレビ出演多数。著書.DVD25冊出版

 

 

 

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/

JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA Instagram
https://www.instagram.com/skincarekyokai/

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai

公式LINEアカウント
https://lin.ee/f1H1f7N