美容&スキンケア情報「しみの種類」

 

今回のコラムは、
しみの種類についてお話します。

 

しみ、つまり“色素斑”に部類される皮膚病変は
たくさんあります。
皆さんも知っているところでは、老人性色素斑、
そばかす(雀卵斑)、肝斑でしょうか。

これらしみの色はメラニン色素によるものです。
同じメラニンであるのに、
病名はこの他にもたくさんあるのです。
実はしみの場所、発症経緯、経過によって
皮膚科病名があるのです。
上記した色素斑について
一つずつ特徴を記載いたします。

 

①老人性色素斑

老人性色素斑は、中高年の男女とも出現する
馴染みのある色素斑です。
主に顔、特に頬、こめかみに多く、
手背やうでなど紫外線の影響を
受けやすい部位に出現します。

多くは類円形で、大小様々な茶褐色斑です。
比較的境界は明瞭です。
老人性と名がついていますが、
決して高齢者のみのものではなく
早ければ20代後半から現れます。
一度出現すると消えることはありません。

むしろ濃く、大きくなり、膨らんでくると
イボとなることもあります。
似て非なるもの皮膚癌がありますが、
その場合はたいてい形が不整で、
色にムラがあり急に大きくなったりと
経過が異なります。

心配な場合は皮膚科受診したほうが
よいと思います。
老人性色素斑は美白美容液などでは
うすくなることはあっても消えることは
ほとんどありません。
その治療はレーザー照射がベストです。
1回でとれることがほとんどですが、
経験上3年以上あり、5mmを超えるものは
数回必要であったり、
その後再発しやすい傾向にあるそうです。

どのようなしみにしても、
再発は考えねばなりませんが、
特に厄介なしみがあるのも事実です。

一番もったいないのはレーザーした後
何のケアもしないことです。
レーザーによる炎症も考えると美白に関わる塗り薬、
化粧品をずっと使用したほうがよいでしょう。

 

②そばかす(雀卵斑)

そばかすの多くは遺伝的要素が
あることが多いものです。
小児期から出現、ある時期に日焼けを
強くすると悪化します。

色の増減はあっても、生涯完全に
消えることは少ないです。
そばかすは主に鼻~頬にかけて小色素、
褐色斑が多発しています。

 

上記の通り、紫外線で悪化し、また思春期、
妊娠を契機に濃くなることもあります。
とにかく日々の日焼け止めは欠かせません。

色素自体をうすく、数を減らしたい場合はレーザー
という手もあるのですが、顔全体に照射し、
絆創膏が不要なフォトフェイシャルが適しています。

5~6回ほど照射すると軽快していきます。
しかしそのフォトフェイシャルも照射の仕方によっては
悪化するリスクもありますので注意が必要で、
専門の医師の元で治療したほうがよいでしょう。

 

そばかすは基本的に遺伝的な強さ
(部分的な色素を作る能力)がある為、
再燃しやすいので、治療後のケアもしっかり行います。
それは日焼け止めに始まりスキンケアや
飲み薬など様々です。

 

③肝斑

色素斑の中でも一番厄介な肝斑、
これは肌の色素を産生する機序が亢進しており、
ちょっとした刺激でメラニン産生が
強まってしまうというハードルの高い色素斑なのです。

肝斑の診断を我々専門の医師としても
悩むことがあるぐらい、
難しい色素斑です。間違った治療、
ケアをすると取り返しがつきません。

一説ではホルモンが関与していると
言われていますが、まだよくわかっていません。

レーザーやフォトフェイシャルでさえも
悪化することが多く、難渋しますので、
とにかくソフトな治療、ケアが望まれます。

美容医療では最近レーザートーニングという、
低出力のレーザー照射が肝斑に効果が
あるということで日本でも認知された治療です。
しかし、その照射のしかた、
肌状態などの判断を誤ると悪化しますので要注意です。

 

その他の治療は昔からあるビタミンC、
トラネキサム酸の飲み薬は有名ですし、
ハイドロキノンのなど美白に関わる外用も良く使用します。
またイオン導入などの導入も効果はあります。
もちろん何を導入するかということがポイントになります。

 

このように、しみはそれぞれ特徴があり、
我々美容医療ではその特徴をつかんで
治療にあたっています。

もし皆さんが肌を扱う職業であるなら、
代表的なしみの特徴は覚えておいて損はありません。
専門書を見て勉強してもよいと思います。

 

そしてお客様の肌に特に肝斑のようなしみが
あって不安のある時は、
迷わず専門の医師に相談するか、
お客様に医療機関受診をすすめることが第一です。

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/

JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai