美肌をサポートする食べ物と必要なビタミン

カテゴリー:美容コラム,美容と健康のアドバイス

2021年4月6日


美肌をサポートする食べ物と必要なビタミン

 

本日は、「美肌をサポートする食べ物と必要なビタミン」についてお伝えします。

 

 

ビタミンとは、人の体に微量に必要な栄養素で、3大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質の働きを助ける潤滑油の役割をしています。

 

 

 

必要な量は微量ですが、その役割は大変大きく、不足すると体に不調が出たり成長に障害が出たりしてしまいます。

また、ほとんどのビタミンは体内で作り出す事ができず、食物からの摂取が必要です。

 

 

ビタミンは13種類あり、その中でも脂溶性ビタミン4種類、水溶性ビタミン9種類に分けられています。

 

 

【水溶性ビタミン】

水溶性ビタミンとは、その名の通り水に溶けるビタミンで、過剰に取りすぎた分は体外に排出されます。

調理過程でも、水に溶け出しやすく熱に弱い事があり、体内に貯蔵できない為、欠乏症が起こる事があります。

 

 

ビタミンB群 B、B1、B12、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、ビタミンCが水溶性ビタミンで、体内の代謝に必要な酵素の働きを補っています。

 

 

【脂溶性ビタミン】

脂溶性ビタミンとは、水に溶けない油性のビタミンであり、脂肪組織や、肝臓に貯蔵されます。

体の機能を正常に保つ為に必要なビタミンですが、取りすぎると過剰症を招きます。

 

 

ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKが脂溶性ビタミンです。

 

 

【美肌のビタミンとは?】

美肌ビタミンは、どの様な食べ物に含まれるのでしょうか。

特に美肌に有効とされているビタミンを3つ紹介します。

 

 

◆ビタミンA …

レバー、うなぎ、乳製品、卵、緑黄色野菜など

 

肌のターンオーバーを助け、目や鼻、喉の粘膜の健康を維持し、体を細菌から守る働きをします。特にビタミンAは妊娠中や、妊娠を考えている方の過剰接種は控えましょう。

 

胎児の形態的な異常が増加すると報告されています。

 

 

◆ビタミンB群…

緑黄色野菜、きのこ、枝豆、アーモンド、バナナ

 

皮膚を健やかに保つ働きがあり、肌や、爪、髪などをつくるタンパク質の効果的な代謝を助けます。体内では、腸で細菌が作るビタミンです。抗生剤などを長く飲んでいると、ビタミンB群が不足しがちです。

 

 

◆ビタミンC…

赤ピーマン、ブロッコリー、キウイフルーツ、イチゴ、レモン

 

メラニンの生成を抑える効果があり、アクネ菌の増殖や皮脂分泌を抑制したり、コラーゲンの生成にも必要なビタミンです。水溶性ビタミンの為、体外に排出されやすいビタミンなので3〜5時間おきに摂取したいビタミンでもあります。

 

ビタミンCといえば、レモンなどの柑橘類を思い出しますが、海や山など強い紫外線を浴びる前に、レモンなどの柑橘類を多く取ってしまうのは危険です。レモンなどの柑橘類に多く見られるソラレン、リモネンと言う成分は、光毒性があり、過剰に摂取すると紫外線を浴びた時にシミを作り出す原因となりかねません。

 

ソラレンは、パセリやグレープフルーツなどにも含まれます。

 

また、それらの精油の入った化粧品をつけて紫外線を浴びるのも大変危険ですので、ビタミンCと、ビタミンCやソラレン、リモネンなどその他成分も含む食品のイメージの混同に気をつけましょう。

 

 

 

 

ビタミンは、不規則な生活や、アルコールの摂取、喫煙、ストレス、加工食品の摂取の増加などによって失われがちです。ビタミンを無駄使いする生活習慣を断ち切り、ビタミンを正しく理解して、決められた摂取量を守りながら、美肌をサポートしてもらいたいものですね。

 

 

記事

小野 陽子 先生

日本スキンケア協会
認定講師

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/

JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA instagram
https://www.instagram.com/skincarekyokai/

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai

公式Lineアカウント

https://lin.ee/f1H1f7N