美容&スキンケア情報「姿勢保持に重要な 『腹腔内圧』」

カテゴリー:ホームケア,美容コラム

2020年1月14日


美容&スキンケア情報「姿勢保持に重要な 『腹腔内圧』」

人間は立っている姿勢にて、上から下の方向の負荷を受けている。
これに対して、骨を柱のように配置することで身体の形状と姿勢を形成しています。
そしてこの立っているとき、カラダには圧縮負荷が加わります。
横から見た姿勢は耳・肩(肩峰)・大転子(骨盤)・膝・くるぶし
が垂直線上に並んでいることが理想的となります。
お腹周り腰周りの柱となっている骨は、
実は後ろの腰椎の骨で支えている状況なのです。
しかしその腰椎は、立っている時にかかる負荷に対して、
腰部の形状を維持するほどの強さをもっていません。
そのため、人が姿勢を保持するには、他の助けによって
腰部の形状が保護されているのです。
その保護が腹圧(腹腔内圧:IAP)といった機能で、
お腹の壁となっている筋肉達によってコルセットのよう
周囲を被い支えているのです。
その主役は横隔膜、腹横筋、骨盤底筋といった筋肉です。
これらの筋肉が機能していないと腰椎の形状が圧縮負
荷により崩れ、悪い姿勢となり、腰痛または肩こりなど
の症状となることもあます。
また、シルエット的にも下腹が出たり、
お尻が出たりとスタイルにも影響を及ぼすこととなります。
そのような状況にならないためにも、腹圧をコントロールすることが大事です。
コントロールすることによって、基本の理想的な立ち姿勢から、
無意識の状態や動いてる時でも安定できるようにするための、
身体の調整をする必要があります。
そのまず一歩が腹圧を高めることです。

腹腔内圧を上昇させるためには、
腹腔壁をすべて緊張させる必要があります。
その腹圧を意識させるエクササイズがドローインです。
腰痛予防・スタイル維持のため実施してみてください。

 

 

①息を吸ってお腹を含まらせます

➁息を約7秒かけてすべて吐き切ります

➂同時にお腹を凹ませていきます。

④ヘソを脊柱に引き込むイメージで凹まします。

 

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/

JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai