今人気の美容資格 スキンケアフェイシャリスト資格

会員ログインお問い合せフォーム

日本スキンケア協会

このエントリーをはてなブックマークに追加

お電話でもご相談ください [平日]10時~17時
☎03-6411-9889

HOME >> スキンケアフェイシャリスト資格

プロとして自信をもってフェイシャル技術ができるようになる
スキンケアフェイシャリスト資格

スキンケアフェイシャリストとは?


スキンケアフェイシャリストとは、いつまでも顔を若々しく保ちたい方や、肌のくすみ、たるみ、むくみなどを改善したい方など、一人ひとりに合ったフェイシャルの施術のできる、スキンケアのプロフェッショナルのことです。
エステの中でも人気のあるメニューがフェイシャルエステです。そして、その人気はエステサロンにとどまらず、最近ではエステサロン以外の整骨院や美容室・理容室などでもフェイシャルメニューを取り入れているお店が増えています。
正しいフェイシャルテクニックを持っていることで、店舗ではもちろん、ご自宅でもフェイシャルの施術をすることができます。

癒しを与えるメイク落としのテクニックと、正しいトリートメントテクニックを持ち、お悩み解決や小顔、癒しなど、様々なお客様の要望に合わせたフェイシャルのサービスを行うことができる、それが「スキンケアフェイシャリスト」です。

フェイシャルトリートメントは、お客様の顔が変化し、喜んでもらえる、素晴らしいテクニックです。「周りの方をより笑顔にしてあげたい、癒してあげたい」、そんな方にピッタリの資格です。

こんな方にオススメ!

  • サロンにフェイシャルメニューを導入したい方
  • 結果が出る小顔フェイシャルテクニックを習得したい方
  • 人に喜んでもらえる仕事がしたい方
  • 人を笑顔にしたい方
  • ご自身のフェイシャルテクニックを見直したい方
  • お客様をもっと綺麗にしてあげたい
 

初心者からプロまで、納得の教材&カリキュラム

1. フェイシャルテクニックの基礎から、小顔へ導く実践的な技術まですべて身につく
教材には「サロンで使えるフェイシャルスキンケアテクニック DVD2 枚組」が付属します。

ターバンの巻き方などのタオルワークやメイク落とし、フェイシャルテクニックの基礎から応用までをわかりやすく解説した、初心者もプロも満足できる内容です。

プロも見落としがちなポイントや勘違いしやすい手や指先の使い方などもしっかり学べ、一つひとつの手技や一連の流れを安心して習得できます。

①エステコンテスト全国 1位のエステ王子が技術監修 手技をしっかり学べ、メニュー作りにも活かせる DVD
15年のキャリアを持つ日本スキンケア協会認定講師が、医師の理論に基づいたフェイシャルテクニックを一つひとつ丁寧に分りやすく解説。

各動作一つひとつの解説と、連続した動きを学べるように、一連の動作の 2パターンの映像。

「解説」では1つの動作の中でも部位ごとに区切られ、“手の動き”“力の入れ方”“注意点”など を解説。
「一連の流れ」 では各動作を全て通しで確認。テロップ解説も見ながら流れを理解。

サロンでフェイシャルを取り入れたい方も、メニュー作りに活かしていただけます。



Disk1 癒しと気持ち良さを提供する【メイクを落とす基本テクニック】

目元・口元のポイントメイク落としから、コットン・スポンジを用いた拭き取りなど 9つのテクニックを習得します。

    【内容】
  • ターバンの巻き方
  • デコルテのタオルワーク
  • ポイントメイクの落とし方
  • クレンジングテクニック
  • コットン拭き取りのテクニック
  • スポンジ拭き取りのテクニック
  • スチームタオル拭き取りのテクニック
  • 肌の仕上げ

ポイントメイク落とし画像ポイントメイク落とし
口元や目元は非常にデリケートで、落とし残しがありがちな部分です。コットンや綿棒を使って行う、細かで特殊な技術を学習します。


クレンジング画像 クレンジング
ただ汚れを落とせば良いというわけではありません。お客様に癒しや気持ち良さを提供することが、リピーター獲得のポイントになります。


スポンジ拭き取りテクニック画像拭き取り
コットンとスポンジの2種類のそれぞれの拭き取り方法を 「拭き取る方向や角度」、「持ち方」、「強さ加減」など重要なポイントに意識しながら学習します。


Disk2 小顔、リフトアップへと導く【フェイシャルテクニックの基礎から応用】
フェイシャルテクニックの基本となる 6 の技法を用いて、フェイスライン、頬、目元、額、肩などあらゆる部位に対応できるテクニック を習得します。

    【内容】
  • トリートメント技術
  • 緊張をほぐし、リラクゼーション効果を与える軽擦法
  • リンパの流れを促進、老廃物の排泄を行う強擦法
  • 顔のコリをやわらげ、肌の新陳代謝を高める揉捏法
  • リンパの流れを促進し、リラクゼーション効果を与える圧迫法
  • 筋肉や神経機能の向上、血流を促進する打法
  • 末梢血管、表情筋に作用し、血流を促進する振動法

必須な6つの技法
軽擦法、強擦法、揉捏法、圧迫法、打法、振動法の 6つの技法の使い分けを習得することで、フェイシャルの効果や癒しを与えることが出来てきます。


フェイスライン画像 小顔、癒し効果に対応したテクニック
6つの技法を部位別(フェイスライン、頬、目元、額、肩) に分りやすく学習できます。たるみ、むくみ、コリなど、女性の悩みに効果的な施術スキルが身につきます。


揉捏法画像 手の動きや圧のかけ方などもマスター
それぞれの技法の効果や癒しを最大限発揮するために、 見落としがちなポイント、勘違いしやすい手や指先の使い方などを一つひとつしっかりと解説してくれています。



②「サロンで使えるフェイシャルスキンケアテクニック」マニュアルBook も付属
教材には、「サロンで使えるフェイシャルスキンケアテクニック DVD」の内容を本にした、マニュアルBookも付属します。

DVD とマニュアル Book を両方使い、小顔フェイシャル技術をしっかり身につけることができます。

肌構造や肌質、表情筋などについての専門知識を基礎から学ぶ
複雑な皮膚や表情筋について、わかりやすいイラストや図を使い解説しています。
フェイシャル技術をするために必要な肌の知識をしっかりと習得できます。

    【内容】
  • 皮膚とは
  • うつくしい肌の6つの条件とは
  • 皮膚の構造とその働き
  • 肌の4タイプの分類とスキンケア法
  • 肌老化に影響する表情筋の構造と働き
  • フェイシャル6つのテクニック
  • カウンセリングの進め方
  • カウンセリングシートサンプル付

2.資格取得後のサロン開業・ 運営のノウハウを学ぶ
サロン開業を考えていらっしゃる方のために、教材には、サロン開業と運営のノウハウが学べるテキスト「サロン開業に必要な知識と、開業後のサロン運営のポイント」が付属します。

一言で美容系サロンと言ってもタイプは様々。テキストでは、4つのタイプのサロン展開方法、必要資金、必要機器類、場所選び、メニュー表作りのポイント、リピーター作りなど、盛りだくさんの内容を紹介しています。


    【内容】
    1.独立開業への準備
  • 美や癒しの独立開業に向けて
  • 開業タイプ別メリット・デメリット
  • 満足度を高めるサロン店内の工夫 他
    2.サロン運営成功のカギ
  • サロン繁栄に共通する7つのポイント
  • 繁盛店はリピーターで賑わう
  • 独立して成功する人とは 他

スキンケアフェイシャリスト資格 概要

受講条件 なし
どなたでも受講いただけます
受講費用 58,000円 ⇒ ネット申込48,000円(税込) 【分割】月々2,200 円~
法人割引≫法人様の場合 10 名様以上のお申込みで、お一人につき 3,000 円の割引適用あり。
※スキンケアアドバイザー資格、スキンケアカウンセラー資格とのW受講orトリプル受講も可。割引有。
  詳細はこちら
受講期間 受講開始月より6ヶ月。(W受講の場合は12ヶ月、トリプル受講の場合は18ヶ月)
※公式課題レポートが終わり次第、提出が可能です。
※やむを得ず受講期間を過ぎてしまった場合は、申請により受講期間を無料で6ヶ月延長可能です。
※期限を過ぎての課題提出は有料添削となります。
合格基準 公式課題レポートを協会へ提出し、正解率が 70%以上であること。
※協会教育委員認定の認定講師が採点を行います。
※受講期間中は合格するまで何度でも繰返しレポート提出が可能です。
年会費 6,000円(税込)/年
※1年に1回のお支払い
初回登録料 5,000円(税込)
資格更新料 5,000円(税込)/1回・3年
※3年ごとに更新課題レポートを提出し合格の上、資格更新料を納入することで資格更新となります。
教材内容 1.フェイシャルテクニックに活かす皮膚科学 2.フェイシャルテクニックDVD 2枚組 3.フェイシャルテクニックDVD 解説BOOK 4.サロン開業・運営ノウハウBOOK
最新の会報誌も同封
通信講座のお申込みはこちら

スキンケア通信講座をお申し込み

日本スキンケア協会 無料メルマガ登録
日本スキンケア協会で開催するセミナーや講座の情報や、 美容に関する最新情報など配信します。
すぐに役立つ実践的な内容が満載です。無料で登録できますので、ぜひご登録下さい!

都道府県を選択してください

スキンケア通信講座のお申込み

スキンケア講座へのお申込み、お問い合わせは、各種専用フォームよりお願いいたします。

ページの先頭へ戻る