肌と髪のための「温泉水」

カテゴリー:皮膚科医に学ぶ正しいスキンケア

2020年7月21日


肌と髪のための「温泉水」

 

日本では、昭和23年に制定された「温泉法」により、
地中からゆう出する温水、鉱水及び
水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、
表1の温度又は物質を有するものと定義されています。

 


一般的には、地中から地表へ湧出しているミネラルを含む水を
「鉱泉」と呼び、鉱泉のなかで、温度が高いものを「温泉」と呼ばれています。

 
化粧品原料の温泉水は、表1の基準を満たす必要があります。

 
さらに、医薬部外品に配合するためには
日本薬局方「常水」の規格項目を満たす必要があります。

 
温泉水に含まれるミネラルが肌や髪に良いとされています。

記事


前田 憲寿 先生
医学博士
東京工科大学 教授
日本スキンケア協会 顧問

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/

JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA instagram
https://www.instagram.com/skincarekyokai/

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai