美容&スキンケア情報「ビタミンCの化粧品」

カテゴリー:皮膚科医に学ぶ正しいスキンケア

2018年8月4日


美容&スキンケア情報「ビタミンCの化粧品」

今回は“摂取”とは意味合いがやや異なるかもしれませんが、
皮膚から直接取り入れるという意味で『ビタミンCの化粧品』の内容になります。
今や多くの基礎化粧品でビタミンCが含有されているのを見ます。

それぐらい皮膚にとって有効性があるということでしょう。
そのビタミンCが化粧品に含まれている際は、『ビタミンC誘導体』という形になっています。
このビタミンC誘導体はビタミンCを皮膚に有効的に送り届けるための画期的な技術です。

そもそもビタミンCそのものは安定性がなく、すぐに酸化してしまいます。
この状態で皮膚に塗ってもいいことはありません。
そこで開発されたのが、普段は安定性があり、
また皮膚の中でビタミンCに変化できる物質、『ビタミンC誘導体』です。
ビタミンC誘導体は、皮膚の中にある酵素を使ってビタミンCになることができます。

その形は

AA2G(グルコシド型C誘導体)

APM・APS(水溶性C誘導体)

PS(両親和性C誘導体)

VCIP(油溶性C誘導体)

など様々です。

ビタミンC誘導体には、それぞれに特徴があります。
例えば、APPSは水溶性、脂溶性の両方の性質をもち、ビタミンC配合の化粧品には最近ほとんど含まれています。
逆にグルコシド型は、皮膚には少ない酵素(腸に多い)でしか変換されないので有効性はあまり高くありません。

また、ビタミンC誘導体はさらにイオン導入、エレクトロポレーションなどの導入によってさらに有効性が高くなります。
お家に使っていないイオン導入がついている美顔器がありましたら是非使うことをおすすめします。

 

記事

濱野 英明 先生

テティス横濱美容皮膚科 院長
日本皮膚科学会 皮膚科専門医
日本スキンケア協会 顧問

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/

JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA instagram
https://www.instagram.com/skincarekyokai/

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyok