たるみはどこから?⑥

カテゴリー:皮膚科医に学ぶ正しいスキンケア

2022年4月18日


たるみはどこから?⑥

 

たるみに関わる組織の最後は「Ligament」です。

聞きなれない単語ですが、「靭帯」ならいかがでしょうか。「Ligament=靭帯」です。

 

スポーツ選手がひざの靭帯損傷を・・・なんて記事を見たことがあると思いますが、その靭帯は顔にもあります。

 

靭帯は簡単に言えばコラーゲンの集まりで、強靭です。顔の靭帯は皮膚や骨に対して垂直にたつ、いわば柱のようなものです。

 

これは皮膚が下垂しないようにとどめておく組織といってもいいでしょう。もちろん皮膚にあるコラーゲンと同様、加齢とともにその支持力は低下するため、たるみに大きく関わってきます。

 

美容医療ではその点に着目し、現在は主に「靭帯」補強のために「ヒアルロン酸」を注射します。

 

 

 

 

以前からヒアルロン酸注射はありますが、昔とはその使い方、注射部位が異なります。

昔は単純にボリュームアップのためにあったヒアルロン酸ですが、今はたるみの根源にアプローチするために使用することが多いです。

 

原因にアプローチした治療であるため、その結果は自然なたるみ回復となります。

ヒアルロン酸はどうしても不自然や違和感などのマイナスなイメージが多いのですが、そのようなことは、上記の理由からほぼありません。

 

そしてコラーゲンのそばにあるヒアルロン酸は、コラーゲンの回復にもつながるというメリットもあります。

多くのかたが敬遠しがちなヒアルロン酸注射ですが、きれいを維持するためには、意外と受け入れやすい治療かと思いますので、気になるかたは、最寄りの美容皮膚科にまずご相談ください。

 

 


記事

濱野 英明(はまの ひであき)先生

テティス横濱美容皮膚科 院長

日本皮膚科学会 皮膚科専門医

一般社団法人日本スキンケア協会 顧問

ヒアルロン酸・ボトックス注入認定指導医

川崎市立川崎病院、慶應義塾大学病院皮膚科、稲城市立病院皮膚科、済生会横浜市南部病院皮膚科での勤務を経て、横浜の桜木町駅前に医療とエステを融合させた「テティス横濱美容皮膚科」を開設。日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会、日本東洋医学会、日本レーザー医学会等に加盟し、最新の確かな情報を基に、安全で効果の高い美容医療を提供している。また、ミス・ユニバースやミススプラインターナショナルのビューティーキャンプ講師や審査員も務める。

 

 

 

 

 

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/

JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA Instagram
https://www.instagram.com/skincarekyokai/

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai

公式LINEアカウント
https://lin.ee/f1H1f7N