美容コラム

  • 美容&スキンケア情報「注目の美容成分 安全な美白成分【アルブチン】」

    安全な美白成分【アルブチン】 シミのもと「メラニン」の生成を抑える働きがある美白有効成分には、約20種類ありますが、それぞれ特徴があります。 その中の1つに、25年以上の使用実績があり、安心して使用できる美白有効成分に「アルブチン」があります。 アルブチンは、ツツジ科の植物であるコケモモ(苔桃)をはじめとして、 ナシ(梨)、セイヨウナシ(西洋梨) などの植物に含有されている天然成分です。 …

  • 美容&スキンケア情報「【注目の美容成分】しみ・しわ・たるみにビタミンC 」

    【注目の美容成分】しみ・しわ・たるみにビタミンC ビタミンCには黒いメラニンを淡色化する働きがあるので、 ビタミンCは「しみ・そばかす」に効果が期待できます。 しかしながら、ビタミンCは不安定で壊れやすく、黄茶色に変色してしまうので、 化粧品に配合されているビタミンCは、安定にした誘導体が主に配合されています。 この安定型ビタミンCはビタミンCよりも効果としては低くなります。 また…

  • 美容&スキンケア情報「【注目の美容成分 】 『アトピー性皮膚炎等の荒れ肌に効果がある水溶性有機ゲルマニウム』」

    【注目の美容成分 】 『アトピー性皮膚炎等の荒れ肌に効果がある水溶性有機ゲルマニウム』 皮膚は、深部から皮下組織、真皮、表皮に分かれています。 表皮は、基底層、有棘層、顆粒層、角層から成り、表皮の基底層にある表皮ケラチノサイト(角化細胞)が分裂し、 成熟するに伴って角層が形成されます。 角層の主要な機能は、保湿機能とバリア機能であり、保湿機能は乾燥しないように角層内の水分を保持する機能…

  • 美容&スキンケア情報「注目の美容成分【 角層細胞間脂質の生成を促進するメバロノラクトン 】」

    注目の美容成分【 角層細胞間脂質の生成を促進するメバロノラクトン 】 皮膚の最も外側にある表皮は、外的刺激や乾燥から私たちの身体を守っている重要なバリアです。 肌のバリア機能を保つためには、角質細胞間脂質であるセラミドやコレステロール、 長鎖脂肪酸などが重要な役割を果たしています。 これらの生成能力が低下した肌では、バリア機能が低下し、 乾燥や外的刺激などの影響を受けやすくなり、乾燥…

  • 美容&スキンケア情報「注目の美容成分【肌にハリ感を与えるβ-グルカン】」

    注目の美容成分【肌にハリ感を与えるβ-グルカン】 赤ちゃんの肌は、とても肌理(キメ)細やかで弾力があります。 赤ちゃんみたいに肌理細やかでピンと張った弾力のある肌は、 もう取り戻せないのでしょうか? 肌理とは皮膚の表面の細かい模様、 すなわち、毛穴を中心に縦横・放射状に走るくぼみの部分の皮溝と、 それによって囲まれた盛り上がった部分の皮丘からできる皮紋です。 皮丘と皮溝や表皮…

  • 美容&スキンケア情報「美容成分 スクワラン」

     「美容オイル」スクワラン スクワランは、スクワレンという哺乳類や植物などに含まれている不飽和炭化水素を水素添加して製造した無色の炭化水素系流動油分のことです。 エモリエント作用に優れており、クリームや乳液、マッサージオイルなどの多くの化粧品に使用されています。   スクワレンは、ヒトの皮脂や深海鮫の肝油、オリーブ、米ぬかなどから採取される油の中に含まれています。 …