トマトに含まれる「リコピン」は紫外線のダメージを抑える?

カテゴリー:お肌のトラブルケア

2022年5月18日


日頃のたまった疲れを定期的に解消することも、若々しい肌を保つ秘訣です。

 

一日中働いて、疲労困憊の方も多いはずですが、疲労が残っていると、肌にも悪影響になります。

疲れがたまると、代謝が下がって細胞の生まれ変わりが停滞し、肌が老けてしまうのです。

 

また、疲れは、肝機能の低下にもつながります。

肝臓は代謝、解毒、排泄などの働きを担っていますが、肝機能が低下すると、体は疲れやすくなり、さらに肝機能が低下し……といった負のスパイラルに陥ります。

 

このような事態に陥る前に、疲労をケアしなければなりません。

 

そこで意識したいのは、晩ご飯の選び方です。晩ご飯は、翌日の体調に影響します。

 

たとえば、疲れを感じた日には、意識して豚肉や鶏の胸肉を摂るとよいでしょう。

豚肉には、疲労回復に有効なビタミンヌが牛肉の約10倍含まれています。

鶏の胸肉にも、疲労回復に有効なイミダペプチドと呼ばれる物質が多く含まれています。

 

 

 

 

また、翌日に外出が多い場合も晩ご飯に注意したいところです。

紫外線が肌の老化に大きな影響を与えることは前述の通りですが、実は、紫外線による肌のダメージは、食事からもケアすることができるのです。

 

たとえば、トマトはオススメです🍅

トマトに含まれる「リコピン」は紫外線のダメージを抑える働きが報告されています。

そしてリコピンは、摂取後に消化管で消化・吸収が行われ、約8時間後に肌細胞に到達し、効果をもたらします。

つまり、翌日が外出の多い日であれば、前日の夜にリコピンを摂取することで紫外線のダメージを抑えることができるということです。

 

参考;「なぜ、一流の男は肌を整えるのか?」

 


著者

小野 浩二(おの こうじ)先生

エステティックコンテスト全国大会1位

一般社団法人日本スキンケア協会 代表理事

日本ダイエット健康協会 理事

日本エステティック業協会(AEA)認定講師

大手エステティックサロンにて、技術、売上げ、カウンセリング入会率No.1になった経験を持ち本店店長を歴任。わずか2年でエリアマネージャーとなる。その後、大学院に進学しダイエットや生活習慣病などの研究を行い、修士号を取得。2008年エステティックコンテスト全国大会で「優勝」。フェイシャル、ボディのテクニックが評価され日本一のエステティシャンとなり、メディア等で「エステ王子」として話題となる。現在はサロンでの現場経験を活かし、人材教育に力を入れる。また、医師、大学教授、厚生労働省研究班とともに研究事業にも積極的に取り組んでおり「正しいスキンケア」や「正しいエステ」の普及を行っている。テレビ出演多数。著書.DVD25冊出版

 

 

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/


JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA Instagram
https://www.instagram.com/skincarekyokai/

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai

公式LINEアカウント
https://lin.ee/f1H1f7N