紫外線から肌を守るために!日焼け止めの正しい選び方

カテゴリー:スキンケアの基礎知識,美容コラム

2022年6月17日


紫外線から肌を守るために!日焼け止めの正しい選び方

 

肌老化の原因の、なんと80%は、紫外線ともいわれています。

美肌をキープするためには、まず日焼け止めをしっかりつけましょう。

 

日焼け止めの塗り方

①顔全体に丁寧に塗ります。日焼けしやすい頬に重ねて塗りましょう。

②ファンデーションを重ねて塗ることで、より確実に紫外線をカットできます。

 

 

 

 

紫外線は晴れの日以外にも?

・曇りの日でも晴れの日の60%程度紫外線が届いています。

・雨の日でも晴れの日の30%程度紫外線が届いています。

・日陰でも日向の50%程度は紫外線が届いています。

・長袖も、薄手のものや、白いものは紫外線を通します。

・家の中にいても窓ガラスは紫外線を通します。

 

紫外線カット剤には紫外線B波 (UVB) のカット効果を示すSPF と紫外線A波 (UVA) のカット効果を示すPAがあります。

 

UVカットの目安

◆日常生活

SPF15~20程度

PA+ (プラス)

 

◆レジャー
SPF30~50程度

PA++ (2プラス)、PA+++ (3プラス)

 

 

 

 

日焼け止めの選び方

紫外線吸収剤は肌への刺激が強めです。

日焼け止めは、「吸収剤フリー」 または 「ノンケミカル」 と表示されているものがおすすめです。

ふだん使いの日焼け止めはウォータープルーフはあまりおすすめできません。

クレンジングのときに肌を傷める場合があるからです。

 

手の甲、 首元にもUVカットを

手の甲は意外に忘れられがちですが、40歳を過ぎた頃から、この部分にもシミができることが多くなります。

手の甲もしっかり UVカットしましょう。

また、首や背中のUVカットも忘れずに。

特に、背中のシミは、ウェディングドレスを着るときに後悔します。

若いときからしっかりとケアをしましょう。

 

 

《参考書籍》24時間美肌生活 

 

 


著者

小野 浩二(おの こうじ)先生

エステティックコンテスト全国大会1位

一般社団法人日本スキンケア協会 代表理事

日本ダイエット健康協会 理事

日本エステティック業協会(AEA)認定講師

大手エステティックサロンにて、技術、売上げ、カウンセリング入会率No.1になった経験を持ち本店店長を歴任。わずか2年でエリアマネージャーとなる。その後、大学院に進学しダイエットや生活習慣病などの研究を行い、修士号を取得。2008年エステティックコンテスト全国大会で「優勝」。フェイシャル、ボディのテクニックが評価され日本一のエステティシャンとなり、メディア等で「エステ王子」として話題となる。現在はサロンでの現場経験を活かし、人材教育に力を入れる。また、医師、大学教授、厚生労働省研究班とともに研究事業にも積極的に取り組んでおり「正しいスキンケア」や「正しいエステ」の普及を行っている。テレビ出演多数。著書.DVD25冊出版

 

 

 

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/

JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA Instagram
https://www.instagram.com/skincarekyokai/

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai

公式LINEアカウント
https://lin.ee/f1H1f7N