美容&スキンケア情報「注目の美容成分【 肌を柔らかくするセラキュート 】」

カテゴリー:スキンケアの基礎知識

2013年12月17日


注目の美容成分【 肌を柔らかくするセラキュート 】

体から水分が逃げていかないように体表を覆っている表皮は
表皮角化細胞という細胞が増殖・分化して形成されています。

具体的には、表皮の基底層で基底細胞が分裂し、
成熟するに伴って有棘細胞、顆粒細胞に分化し、
最終的には角層を構成する角質細胞に角化して、
約2週間後に垢となって剥がれ落ちます。

角層には、肌の潤いを保つための保湿機能とバリア機能があります。
保湿機能とは肌表面が乾燥しないように角層内の水分を保持する機能で、
バリア機能とは外界からの刺激物等の侵入を防ぐ機能です。

これら保湿機能やバリア機能の一端を担っているのが角層細胞間脂質であり、
なかでもセラミドは重要な役割を果たしています。
セラミドが減少すると、炎症が起きていない肌もカサカサになってしまいます。

角層細胞間で層状に並んだセラミドの層間に水分が取り込まれて潤いを保ち、
セラミド二重層がバリアとして機能しています。

(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー(商品名:セラキュート)は、
セラミドをモデルとして開発された化粧品用素材であり、セラミドと化学構造が類似しています。
そのため、肌への親和性が優れており、高分子化することでセラミドにはない使用感触があります。
具体的には、使用している時はサラサラとしているが、使用直後は肌が柔らかくなった感触に変化します。

ポリビニルアルコールやポリグルタミン酸などの他の高分子化合物に比べてつっぱり感のような違和感がないのも特徴です。
これは、セラキュートが肌に浸透する過程においてポリマーネットワークが形成され、
水分を保ったままでいるので、柔らかい肌を再生することができます。

セラキュートは短期間で肌に柔らかさとしなやかさを与える素材として
美容液やローションなどのスキンケア化粧品に応用されています。

 

 

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/

JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai