季節に応じたスキンケア

カテゴリー:美容コラム

2021年10月28日


こんにちは!

皆さまは季節にあった方法でスキンケアができていますか?

 

季節によっても、肌の状態は変わってきます。

「夏はベタベタが気になるけど、冬は乾燥してカサカサ……」

とう方も多いと思います。

季節ごとのポイントをおさえて

スキンケア、紫外線対策を行うことも大切です。

 

 

 

 

《春》

春先でとくに注意したいのは、「紫外線対策」です。

年間で一番紫外線が弱いのは冬ですが、

春先になると、それが一気に増加します。

そこで十分に対策を行わないと、冬の間に抵抗力の落ちた肌が、

紫外線に悲鳴をあげてしまうのです。

 

また、花粉などのアレルギー物質が飛散する時期でもあり、

これらによって肌が汚れがちに。

帰宅後すぐに丁寧な洗顔とスキンケアを行いましょう。

 

《夏》

紫外線の量が一年中で最も増える時期です。

春先と同じく、とくに注意して紫外線に気を配ります。

日焼け止めクリームによるUV対策はもちろん、

「アロエ」などの鎮静成分、「ビタミンC誘導体」などの

美白成分が含まれる化粧品を選ぶようにしましょう。

 

さらにこの時期は、皮脂が多く分泌され、

放っておくと毛穴のつまりによる肌トラブルが生じることがあります。

帰宅後すぐに、丁寧な洗顔を行い、

余分な皮脂や汚れをしっかりと落とすことも心がけてください。

 

 

 

 

《秋》

比較的、肌にとってはよい季節といわれます。

紫外線の量も少なく、肌にとっての環境は悪くありません。

しかし、何もしなくてよいわけではなく、夏の終わり~秋にかけて、

夏に受けたダメージをしっかりとケアする必要があります。

紫外線をたっぷり浴びた肌は乾燥してしまうことが多いので、

とくに保湿を意識したスキンケアを行いましょう。

 

シミ対策の美白ケアも必要です。

紫外線の影響によって角質が厚くなっていることも考えられるため、

ある程度、肌のダメージが落ち着いてきたら、

角質ケアを普段しない人も、ピーリングを行うとよいでしょう。

 

 

《冬》

冬に起こる肌トラブルは乾燥です。

これは、肌にとってよい環境だった秋から、

気温や湿度が急に下がるため、

環境の変化についていけなかった肌がトラブルを起こしている状態です。

 

さらに、気温が下がって肌に対する血流量が減ることで

肌の代謝がうまくいかなくなり、ターンオーバーが乱れることも

乾燥肌を助長します。とにかく冬は、「保湿」です。

乾燥に負けない徹底した保湿ケアを行いましょう。

気温が下がることによる肌の代謝低下を改善するために、

エステサロンでフェイシャルマッサージを定期的に行うこともオススメです。

 

 

このように、季節に応じて、とくに注意したい事柄や

使用したい化粧品成分は変わってきます。

普段のスキンケアが習慣化してきたら、

季節によってその方法をカスタマイズしていきましょう。

 

 

参考:「なぜ、一流の男は肌を整えるのか?」
小野浩二:著

 

 

 

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/


JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA Instagram
https://www.instagram.com/skincarekyokai/

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai

公式LINEアカウント
https://lin.ee/f1H1f7N