たるみに効果的なお手入れとは?

カテゴリー:スキンケアの基礎知識,美容コラム

2021年10月11日


こんにちは!

人の第一印象って服装や身なりももちろんですが

お顔で判断されますよね。

であれば、自分自身のシミやシワやたるみを

気にされる方は多いと思います。

 

今回は「たるみ」について原因やお手入れの方法をお届けします。

 

原因について

たるみは皮膚の弾力の低下

表情筋の緩みなどで起こる老化現象の一つです。

目元、頬、あごに多く現れて

シワを引き起こす原因にもなります。

口角から小鼻までできるシワ、いわゆる「ほうれい線」は

頬のたるみが生じることによって起こるとされています。

 

皮膚の弾力を保つ真皮のコラーゲンやエラスチンの変性、

更に乾燥や紫外線の影響を受けることで

コラーゲンやエラスチンの構造が崩れ、弾力の低下が起こり、

重力の影響によりたるみが生じます。

 

表情筋の衰えも原因の一つとなり、

目の下や頬やあごなどの皮下脂肪の多いところでは

筋肉が衰えると皮膚を支えきれずに

たるませてしまうことになります。

 

お手入れ法

基本的な紫外線予防乾燥対策をしっかりと行うことが重要です。

表情筋を鍛えるエクササイズや、血行を促進するマッサージなども効果的です。

たるみに効果的な化粧品成分にはコラーゲンを増やす作用がある

ビタミン C 誘導体レチノールなどがあります。

フェイス用の電気刺激機器もあり、表情筋を鍛えることができます。

 

ポイント

・コラーゲン線維の弾力が失われることが大きな原因。

コラーゲンの量を増やす作用があるとされている、

レチノールやビタミンC誘導体などを配合した化粧品の使用も効果的。

・代謝を高めるマッサージも効果的。
・美顔器などで表情筋や真皮の活性を行うのも効果的。

 

たるみが目立つ部位

・頬のたるみ毛穴

初期のたるみで、皮膚を支えているコラーゲンが緩んでくるために起こります。

 

・ほうれい線

小鼻から口角にかけてでき、よくシワと間違えられます。

頬の厚い脂肪を支えきれなくなり、たるみが原因です。

徐々にはっきりとしてくる傾向があります。

 

・二重あご

フェイスラインのたるみです。

頬からアゴにかけての脂肪がたるみ皮膚が

支えられなくなり、二重あごになります。

またリンパの流れの滞りも原因になります。

 

・涙袋

目元の皮膚は元々薄くその皮膚がたるむことによってできます。

目の周りの脂肪を支えきれなくなりたるみます。

眼輪筋の衰えも原因です。

 

 

参考:「しっかり学べるスキンケア教本」
一般社団法人日本スキンケア協会
スキンケアアドバイザー資格公式テキスト

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/


JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA Instagram
https://www.instagram.com/skincarekyokai/

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai

公式LINEアカウント
https://lin.ee/f1H1f7N