美容&スキンケア情報「“足”は口ほどにモノを言う」

 

今回のコラムは、姿勢、
バランスを説明する上で必要な足について記載。

 

姿勢について語るうえで、
一般的に最も先に出てくるのが“骨盤”ではないでしょうか?
いまでは“骨盤が歪んでいる”“骨盤が捻れている”
などという言葉もよく使われるようになっています。

骨盤は上半身・下半身の間に位置し、
身体の中心(真ん中)としてバランスや
姿勢に重要な部位となっています。

しかし地球上に住んでいる以上、
必ず地面に“足”を接地しなければ、
立つことも歩くことも出来ません。

ですので、身体を支えている一番の
根底に位置している“足”も、
姿勢・バランスにおいては重要な部位となります。

 

みなさんはご自身の足を、
まじまじと見たことはありますか?
足はとても細かい骨(片足28個の骨)が
密集結合し、足というカタチを形成しています。

その細かい骨で作られている足で、
我々の身体を支え、立つ、歩く、時には走る、
飛び跳ねることを可能にしてくれています。

足は建築物で言うところの基礎土台としての
役割を担っていることとなります。

では、もしもそんな基礎土台の足が
崩れ傾いているとしたら、上の姿勢は
どうなるでしょう?

ご想像のように姿勢は傾き崩れ、
理想的な姿勢は保てない状況となります。

人間の身体は運動的連鎖といって、
関節と関節が連鎖し、動きを構成しています。
姿勢も同じように、骨、関節が連鎖し、
いろいろな姿勢を形成することとなります。

その連鎖は、悪い影響では一箇所身体の
どこかに支障がでたら、
それに応じて他の箇所も崩れるということになります。

 

そんな足から、ご自身のバランスを
チェックする一番分かりやすいモノが
タコ・マメなどの皮膚の角質です。

こんな習慣ないですか?

足の裏の角質を定期的に削るが、
月日が経つと再び固くなる。

実は、足の角質が出来てしまっている部分に、
負担をかけすぎていることとなります。

ご自身の加重をそこにかける
姿勢のクセとなっている訳です。
では右足と左足で比較してみてください。

右足には出来て、左足には
出来てない等の発見はできませんでしょうか?
これで右加重、左加重などの
重心のかけ方も発見できると思います。

 

“足”は口ほどにモノ(姿勢バランス)を語る

 

足を軽視せずに

“インソール(中敷)”などでケアをして、
足を崩さず、快適な状況で日常生活を過ごすようにしてください。

 

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

プロとして
自信を持って美肌アドバイスができるようになる!
『スキンケアアドバイザー資格』通信講座
https://skincare.or.jp/adviser/

JSA 無料メルマガ
http://goo.gl/XDoaBd

JSA Facebookページ
https://www.facebook.com/skincare.kyokai